相続による名義変更(遺言なし)

 

相続による名義変更(遺言無)


  遺言書がのこされていない相続においては、
法律が定める割合で相続する場合もありますが、通常は、相続人全員による遺産分割協議(遺産の分配を決める話し合い)等で、

 「A不動産は”妻”が相続し、 B不動産は”長男”が相続する。」   といった具合に、相続財産毎に相続する人を定める事例がほとんどです。

  以下では、 遺産分割協議 を行うことを前提とした名義変更登記について説明します。

▲このページのトップに戻る